シックハウス症候群、有害化学物質を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS シックハウス症候群対策

<<   作成日時 : 2010/12/15 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前述のように、我が国においては、行政機関、医療機関のシックハウス対策は大変遅れており、心許ない。現段階では、後述の伝統的な建築工法の採用、あるいは化学物質を発生しない自然素材の建材の使用、家具等に含まれる化学物質を室内に持ち込まない方法しかないように感ずる。建築関係者が述べているように、需要と供給の関係から、合板よりも無垢材が安価な場合がある。また、流通過程を産直などに切り替えてコストダウンをはかっている業者も存在する。いずれにしても、室内化学物質汚染に対する一層厳しい規制は差し迫った問題であるので、早めに対策を講ずる努力が必要と思われる。
 自然素材の建材には、無垢材、漆喰、珪藻土などありますが、仕事を迅速に終了させるために、接着剤など有害化学物質が使用されていないか注意する必要があります。「建築知識」、「シックハウス対策マニアル」等に紹介されているホタテ貝殻から作られた自然素材の「チャフウォール」(http://ms-laboratory.jp/seihin/seihin.htm)は、有害化学物質を分解する数少ない壁材・塗料で、アトピーやアレルギーの患者に対しても有効です。

*IARC(国際ガン学会)が珪藻土を発ガン性があると認定

 珪藻土は、植物の「藻」が、永い期間堆積して出来た土ということはよく知られていますが、この土に中には、微生物がおり、約1000℃前後で焼成し不純有機物を焼却除去する工程が必要です。この工程によって、白い色になります。そうすると、非結晶性シリカが結晶性シリカになり、WHO(世界保健機構)の傘下のIARC(国際ガン学会)は、人に対して発がん性があり、グループ1のアスベストと同等の建材に入ることを1996年に認定しました。又、高い温度で焼くことにより、一個一個の珪藻土の藻がガラス質の鋭利なホコリに成り、肺にはいると、アスベストのように、肺種を発生させる危険性があるとのことです。
 
地球生活マガジン「チルチンびと」No.16,2001.Spring.では梁、柱1本の素材や値段までわかる明細書を提案している。こうすることにより、ユーザーに対して説得力のある書類になり、化学物質を含む材料がどこで使用されているか明確になりうる。ユーザーは一生に一度の高額な買い物をする訳でこの点からも納得のゆくものとなりうる。「・・・・一式  \0OO,OOO円」のようなおおざっぱな記述は止めるべきである。

 オープンシステムネットワーク会議(http://www.open-net.jp/)では,建て主と専門工事業者との直接契約,分離発注方式を採用しています。従来ですと,住宅の建築をハウスメーカーや工務店に委託する方法を"一括請負方式"と言います。この場合,ハウス会社は,宣伝,広報の活動が主体で,実際の工事は,大工さん,基礎屋さんなどの各専門工事業者が行います。当然,ハウス会社と各専門工事業者の間にはマージンが発生します。

 分離発注方式では建て主が直接,各専門工事業者に工事を依頼し,指示を行い,管理します。素人の建て主がこれらを行うのは困難ですので,豊富な経験と建築の知識を持つ設計事務所に依頼し,打ち合わせ,図面の作成,予算の管理,工事の管理を行います。木材や建材の原価が建て主へ請求がいき,設計事務所へは,設計管理料金を支払います。

 従来の一括請負方式の場合のように,ハウス会社と各専門工事業者との間のマージンは無くなりますので,安価に,しかも,各建材などの素性も見積もりの段階で明確になりますので,シックハウスの問題も回避できる可能性が大きいと思われます。オープンシステムネットワーク会議に参加している設計事務所は全国283社,"価格が見える 家づくり"が特徴です。詳細はホームページでご覧下さい。

 従来の一括請負方式の場合は、間取りやカラーなどの打ち合わせはありますが、お任せ的な部分が多くなります。分離発注方式では建て主も勉強する必要があります。知識がないと建築士の話を聞いても理解できません。土地、建物で約4000万円を使い、1年も経たないうちに、家族がシックハウス症候群になり、家を放棄してアパートに住み、業者と話しても折り合いが付かず、安価な価格で施工業者に引き取って貰う例を見てきました。一生に一度の買い物で、家族ばかりでなく、次の世代の健康にまで影響する可能性があります。シックハウスに対する国民の認知度9%、最近は、TVの放送もほとんどありません。報道されたのは議員会館のシックハウス問題だけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シックハウス症候群対策 シックハウス症候群、有害化学物質を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる