シックハウス症候群、有害化学物質を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 水虫はなぜ再発するのかC

<<   作成日時 : 2010/10/17 21:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 水虫は水虫患者が知らない間に落とした、白癬菌を含んだ足の皮膚の皮や、爪のかけらなどが他の人の皮膚に付着することにより感染します。不特定多数の人が使うお風呂場の足ふきマットや、スリッバ、サンダルなどを介して感染することが多いことがわかっています。

 白癬菌の感染力はそれほど強力ではないので、菌が付着したすべての人が発症するわけではありません。しかし、感染した後に、足を洗わず、1日中、靴下や靴を履くなどで患部を蒸れた状態にしておくと、菌がどんどん増殖して、水虫になってしまいます。たとえ水虫になっても、きちんと治療をすれば、治り、簡単には再発することはありません。ところが、実際には聞違った対策をとっている人が多く、「毎年繰り返す水虫」に悩む人が減らないのです。

 聞違った治療で一番多いのは、薬の使い方です。水虫でかゆくなると、慌てて薬を塗る。ここまでは良いのですが、たいていは、1、2週間使っただけでかゆみがなくなると止めてしまいます。しかし、症状が治まる、あるいは軽くなっても、白癬菌が完全に無くなった訳ではありません。

 冬は菌の勢いが盛んでないので、特に水虫は冶った、と勘違いしがちなのですが、春になると、冬の間、眠っていた水虫の菌も暖かくなるにつれて活性化し、さまざまな症状をもたらします。逆に冬は水虫を完治させやすいとも言えます。つまり、水虫を完治させるには、菌が完全に死滅するまで薬を使い続ける必要がある訳です。

 なお、水虫に良いといわれる民間療法がいくつかありますが、水虫の薬と比べるとはるかに効果が弱いのが現状です。たとえば、酢は殺菌力がありますが、症状はよくなることがあっても、白癬菌が死ぬことはありません。その他のものも"効く"と言うことで販売されていますが、科学的なデータが示されていない場合が多いようです。購入する場合は、白癬菌の抗菌試験は簡単な試験結果か大学の研究室で研究された科学的データであるのかどうか確認した方がよいと思います。TVの通販の宣伝でも多いですが、使用者の都合の良い声だけでは効果は確認できません。
 しかし、最近、白癬菌に対して抗菌効果があることが科学的に証明された除菌・消臭剤が販売されています。「ホタテ貝殻セラミックス水溶液」は靴や足ふきマットなどにスプレーしますと水虫菌の除菌が出来、感染予防となります。製品の「チャフクリーン」はキッチン用除菌消臭剤ですが、貝殻は、肌に触れても口の中に入っても食品添加物として認可されていますので安全です。また、肌への刺激性は蒸留水以下であることが米国で証明されています。ホタテ貝殻セラミックスを雪融け水に溶かしただけです。雪融け水の粒子は細かく、肌を活性化する効果もありようです。
白癬菌の場合は、患部にスプレーしても良いし、水溶液に15分程度浸けると効果的なようです。雪融け水の粒子は細かいため、肌の奥や、爪の奥まで浸透するようです。同じ水溶液は数回使えるようです。
同じ原料を蒸留水に溶かしただけで、米国での臨床試験では7割以上治って、日本のTVでは「世界初!最強」と紹介された日本製、自然素材の水虫治療薬も開発されています。

参考URL
http://ms-laboratory.jp/scallop/scallop.htm
http://ms-laboratory.jp/seihin/seihin.htm
  http://item.rakuten.co.jp/aomori/968056
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水虫はなぜ再発するのかC シックハウス症候群、有害化学物質を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる